スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コトブキヤ レッドファイブ ケレス大戦仕様 完成レビュー

DPP_0022.jpg
「無理しないと、ヒーローにはなれないだろ!!」
DPP_0005.jpg
DPP_0006.jpg
DPP_0007.jpg
DPP_0008.jpg

1周。
先日完成した「コトブキヤ レッドファイブ ケレス大戦仕様」です。
いやー、長かった。マスキングの量も合わせ目の数も過去最大じゃないかなー。


本体はグロス(赤)、メタリック(武装、ダクト、発光部)、半艶(白)、艶消し(グレー、ブラウン等)の4パターンで塗り分けました。
本体色の赤は主人公、「ヒタチイズル」の夢であり目標であるヒーローをイメージに調色。


※追記:画像が少し暗く感じたので全部の画像の明るさを調整して上げ直しました。








IMG_6208.jpg
基本工作は合わせ目消し、可動部のクリアランス確保、後ハメ、モールドの彫り直し、ハセガワモデリングメッシュを使ったディティールアップをしました。
メッシュを使ったディティールアップはヴァリアブルアクションのレッドファイブを見てピンと来たんですよね。








IMG_6210.jpg
ウイングやブースターには公式の画像をヒントに、ローズディープレッドとEXブラックを混色した色とアルティメットブラックの2色でグラデーション塗装をしました。
詳しくは製作記その4に。








IMG_6203.jpg
IMG_6207.jpg
IMG_6202.jpg
バストアップー。
頭部は目立つモールドがたくさんあるので念入りに彫り直し。
デュアルアイの青部分は、サイズ的にマスキングするのがしんどかったので爪楊枝を使って塗装。

やっぱり色が着くと全然違いますね・・・(パチ組み画像を見ながら
凄い格好良い。







色んなところのアップ

DPP_0002.jpg
DPP_0001.jpg
DPP_0003.jpg
DPP_0004.jpg
DPP_0009.jpg
背中のスラスター?はマスキングしてメタリックブルーで塗装。

こう、改めてみるとほんと塗り分け箇所多いな・・・(´・ω・`)




では適当に何枚か






DPP_0010.jpg
OP2の出撃ポーズ








DPP_0011.jpg
DPP_0012.jpg
DPP_0013.jpg
DPP_0014.jpg
DPP_0015.jpg
ビームキャノンで

キャノンだけじゃ味気ないと思ったので腕にソードカウンターを装備。
ソードカウンターは配色を変更して、刃の部分をシルバーで塗装しています。







DPP_0016.jpg
HEPキャノン装着。




DPP_0017.jpg
DPP_0018.jpg
HEPキャノンで。
なんか似たようなアングルばかりになっちゃいましたねww







DPP_0019.jpg
90式遠距離多目的複合砲 ロングボウ、88式機動鉈剣ヘビーマチェーテ、90式重多目的複合砲HMランチャー
を持たせてケレス大戦仕様に。









DPP_0021.jpg
DPP_0020.jpg
DPP_0022.jpg
DPP_0023.jpg
本編見ながら製作してモチベ上げよう!と思ったんですが、作業量多すぎてとても20話ちょっとじゃ全然持たないっていう・・・。
最終的にエロゲと音楽ランダム再生に落ち着きました(





続いてフルバーストモード




DPP_0024.jpg
DPP_0025.jpg
DPP_0026.jpg
DPP_0027.jpg
1周。
相変わらずもの凄いボリューム。





DPP_0030.jpg
DPP_0031.jpg
頭部。
こっちの頭部は通常形態と違って細かいマスキング多かったですねー。










DPP_0028.jpg
DPP_0029.jpg
覚醒時に多分やったアングル2種

2枚目はもう少しローアングルでも良かったかもですね。








ではフルバーストモードでも適当に何枚か

DPP_0036.jpg
DPP_0032.jpg
DPP_0033.jpg
「獲物を、あの獲物を倒すんだ!」

イズルといいジアートといい、マジェプリのキャラは叫ぶ時凄い角度で口開けますよね。
顎外れそうってシーンが結構あった記憶があります。







DPP_0035.jpg
アングルは少し上からで、武器の先端を角に向けるようにして撮るのが最近のマイブーム。

似たようなアングルばかりでホントすいません(´・ω・`)













DPP_0037.jpg
DPP_0038.jpg
DPP_0039.jpg
DPP_0040.jpg
本体が色足りないのは最初から分かったけど、武器までこんなに色足りないとは思ってなかったなぁー。
特にHEPキャノンにはびっくり。









DPP_0041.jpg
DPP_0042.jpg
ヘビーマチェーテで。








DPP_0034.jpg
下地...Mrサーフェイサー1000

赤...ブリリアントピンク(G)→ハーマンレッド(C)+ローズディープレッド(G)→クリア(G)→フィニッシングペーパー2000番で表面を平らに→コンパウンド細目(C)→コンパウンド仕上げ目(T)

白...EXホワイト(G)+ニュートラルグレーⅢ→セミグロスクリア(G)+EXフラットクリア(G)+雲母堂AGパールスーパーホワイト

グレー...アルティメットブラック(G)→ニュートラルグレーⅢ+EXブラック(G)+EXホワイト(G)→EXフラットクリア(G)+フラットベース(G)
ブラウン...アルティメットブラック(G)→ブラウン(C)+EXブラック(G)+艦底色(C)→EXフラットクリア(G)+フラットベース(G)
ゴールド...アルティメットブラック(G)→MrGXレッドゴールド(C)+EXホワイト(G)
ブルー...アルティメットブラック(G)→MrGXメタルブルー(C)
黒ライン...アルティメットブラック(G)

ダクト、武器ガンメリック部...アルティメットブラック(G)→フレームメタリック2(G)+EXブラック(G)
ソードカウンター、ヘビーマチェーテ刃...アルティメットブラック(G)→EXシルバー(G)
HEPキャノンチェーンソー部...クリアグリーン(G)→クリア(G)+雲母堂AGパールスーパーホワイト
HMランチャー...アルティメットブラック(G)→スターブライトシルバー(G)



墨入れ...エナメルジャーマングレー(T)、エナメルフラットブラック(T)



(C)...クレオス    (G)...ガイアカラー   (T)...タミヤ


いかん、アルティメットブラックがゲシュタルト崩壊してきた。
でもそれだけ便利だって事デスネ・・・。

製作記・パチ組みレビュー↓

製作記
パチ組みレビュー


大きいサイズの写真を何枚か↓

DPP_00269.jpg
DPP_00534.jpg
DPP_00635.jpg
DPP_00716.jpg
DPP_00739.jpg
DPP_00170.jpg


まとめ

グロス仕上げってこんなに大変なんですね・・・。
達成感も凄いけど披露はもっと凄い。
光沢系の塗装は暫くやりたくないなーって思いましたよ。

ゴールド4は出たら艶消し仕上げにしてみるのもアリかも。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ando356.blog.fc2.com/tb.php/491-45160960











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。