FC2ブログ




1/144不知火壱型丙その1

IMG_6874.jpg
前回の製作記事or雑記からかなり間が空きましたねー。
書く内容はあっても気が付いたら寝る時間直前とかになってて、書くタイミングを見失い続ける毎日を1週間くらい過ごしてました(

さて今回は1/144不知火壱型丙その1!電磁投射砲付き青武御雷も発売したことですし気合入れて行きますよーーー。
P1210168.jpg
P1210170.jpg
まず腕の処理。
六角形のモールドのど真ん中に合わせ目が来るので、一回六角形を全て切り落として合わせ目を消してプラ板で再生させます。
切り落とさなくても合わせ目を消すは可能ですが、高確率で凹凸ができて酷い事になる(経験済み)のでこの方法でやるのが一番無難かも。

あと腕の突き出る部分の裏は凹状になってて合わせ目が消しづらいので、プラ板で蓋をします。









P1210180.jpg
二の腕。
間接の後ハメは1/144シリーズ恒例のC字カットですが、両方やると強度的に微妙になるので片方だけC字にカットして処理。
あと肉抜きもパテできっちり埋めます。








P1210179.jpg
足裏。
なんか寂しかったのでその辺にあったコトブキヤMSGのディティールアップパーツを貼り付け。
目立たないけどなんか工作してるって感じがしていいですねこういうの(








P1210173.jpg
首パーツ。
エネルギーラインをエナメル流し込みで塗装する為にモールドを再度深く彫り直し。







本体の処理は終わったので電磁投射砲の処理~~~。



P1210228.jpg
P1210233.jpg
肩に掛けるアーム状のパーツは凹凸だらけで普通に合わせ目消したら泣きを見るので、段落ちモールドとプラ板を駆使して処理。
ただプラ板貼るだけじゃ微妙になりそうだったので目立つ部分はプラ板をディティールっぽくなるようにカットして貼り付け。

やっぱプラ板加工って大変ですね・・・結構時間取られました(´・ω・`)







P1210235.jpg
P1210239.jpg
P1210245.jpg
電磁投射砲本体。
凹部分の合わせ目はアームと同じで段落ちモールド&プラ板で処理。それ以外は瞬接で合わせ目を消してます。
あと電磁投射砲側面に多数ある○のモールドをピンバイスで再度彫り直し。

タンクの合わせ目は、構造上そのままだととても消しづらいのでタンクを一旦カットソーで切断してから合わせ目を消しました。
これで塗り分けも楽になりましたし一石二鳥かな(






表面処理終わったので次は塗装なんですが、ここでハプニング発生。


P1210210.jpg
今まで愛用してきた相棒のコンパクトコンプレッサーのボタン(スイッチ)のロック機能?が壊れてコンプレッサーが使用不能に・・・。
よりにもよってお金のないこのタイミングで壊れるか・・・と絶望の淵に沈んでいたんですが、なんと3万円の臨時収入が。
「ティファ…! 俺、神様、信じる!!」って叫びたくなりましたよね(






P1210223.jpg
P1210225.jpg
そして先日届いたのがこちら。
MrリニアコンプレッサーL5圧力計付きレギュレーターセット。
デカイです、そして初めてのリニアコンプレッサー。ワクワクが止まらないです(
これで早速試し吹きだぜ!って思ったんですが、一通りセッティングしてエアホース買い忘れたってことに気付く。

ああ・・・タミヤとクレオスじゃ規格違うんでしたね・・・。




購入物

P1210185.jpg
P1210189.jpg
P1210214.jpg
ノズルとプラモ。
ちなみにこの中でまともに組んだのはメカトロウィーゴくんだけ。
最近パチ組みすらしなくなってきてやばいですね(



次回へ続くーーっ!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ando356.blog.fc2.com/tb.php/508-17fc342b